医療分野で働くための基礎知識 看護師・薬剤師・作業療法士など様々な仕事をご紹介

Pickup contents

正看護師と准看護師について

このエントリーをはてなブックマークに追加
看護師の求人募集には正看護師と准看護師の募集があります。それでは一体、正看護師と准看護師の違いは何なのでしょうか。准看護師というのは、その名前のとおり「看護師に準じる」という意味があります。英語でいえば「アシスタンス・ナース」。つまり立場的には、准看護師は正看護師を補佐する立場になります。そもそも准看護師とは日本において第2次世界大戦後の看護師不足が背景にあると言います。この時代、看護師の数が足りなかったため、暫定措置として准看護師が誕生したと言われています。免許の交付にも違いがあり、正看護師は免許を厚生労働大臣、つまり国から交付されますが、准看護師は都道府県知事から准看護師の免許が交付されます。
准看護師は正看護師と比べると養成機関での勉強期間が短く設定されています。その為、資格取得も比較的取りやすくなっています。しかしその分、募集条件を見ると正看護師よりも准看護師の方が低賃金で設定されているとこも多いので、それを頭に置いておいた方がよいでしょう。これから看護師にはますます高度な専門的知識や技術が要求されるようになってきていて、日本看護協会は准看護師制度の廃止を希望しています。しかし、日本医師会は幅広い労働条件の看護師を求めていて、つまり准看護師が正看護師より安く使えるというメリットがあり、准看護師制度の廃止に反対しています。しかし、世の中の流れは准看護師の制度を廃止する方向で議論がされてきています。

その他の記事一覧

SITE NAVI
CATEGORY

Copyright (C)2017医療分野で働くための基礎知識 看護師・薬剤師・作業療法士など様々な仕事をご紹介.All rights reserved.