医療分野で働くための基礎知識 看護師・薬剤師・作業療法士など様々な仕事をご紹介

Pickup contents

看護師の転職と再就職

このエントリーをはてなブックマークに追加
看護師の離職率が高いのは先に紹介したとおりで、看護師の資格を持ちながら看護師の仕事に就いていない「潜在看護職」は全国で55万人〜65万人と推定されています。また、逆に一度結婚や出産によって仕事を離れた人が子育てがひと段落した頃に「また看護師として働きたい」というように再就職希望者も多いことも事実です。しかし、医療の現場は日々進化しています。新しい医療技術や医療機器が導入され、一度離職してしまった人にとっては、自分の経験してきた知識やスキルだけでは、現状に対応できないという人も出てくるかもしれません。その不安から再就職したくても、一歩が踏み出せないという人も多くいるようです。
しかし、最近では看護師不足の深刻化などもあり、医療機関や自治体などでも看護師の再就職に向けた支援するところもあるようです。例えば、ブランクがある人に向けた最新機器のセミナーや講習会などを行うなど、研修プランが充実しているところもあるようです。また、働く現場となる医療機関などだけでなく、転職エージェントなどでも最近ではこのような研修制度を取り入れて、看護師の再就職をバックアップしているところもあります。
看護師が出産後も仕事を続けるには、他に子供の面倒を見てくれる所があるかというのが重要な問題です。公的な保育所などは常に定員オーバー状態で待機児童がたくさんいます。そのような託児問題の解決策として、職場に託児施設を併設している医療機関もあります。これは、お子さんをお持ちの看護師さんにとってはとても嬉しい待遇です。このように、看護師が働きやすい環境が整備されれば、子供を持つ潜在看護師さんも再就職しやすくなるでしょう。

その他の記事一覧

SITE NAVI
CATEGORY

Copyright (C)2017医療分野で働くための基礎知識 看護師・薬剤師・作業療法士など様々な仕事をご紹介.All rights reserved.