医療分野で働くための基礎知識 看護師・薬剤師・作業療法士など様々な仕事をご紹介

Pickup contents

介護現場の看護師

このエントリーをはてなブックマークに追加
看護師というと病院などの医療機関において医師・歯科医師の診療補助を行うというイメージを描く人が多いと思いますが、もう一つ大切な活躍の場となっているのが介護の現場があります。介護業界の看護師というとイメージがすぐにわかない人も多いかもしれませんが、介護においての看護師の働き方は高齢者の居宅に伺い介護をする「訪問介護」と「老人介護施設」で働く2つのパターンが代表的なものです。訪問看護ではリハビリテーションの指導や看護師が許されている範囲での医療的な処置を行います。また、訪問入浴サービスにおいても看護師の活躍の場があり、入浴前と入浴後のバイタルチェックなどが主な仕事となっているようです。医療機関の場合、患者さんに何かあった場合などの報告は担当医師に報告しますが、こういった訪問介護の場合は何かあった場合はケアマネージャーに報告することになっているようです。
また、老人介護施設においては施設看護(福祉の現場で求められる看護)とは、「生活を前提にした看護」だということがあり、具体的には、
1生活ニーズを優先する看護、長期的かかわり2日常生活の中で必要とされる看護3予防を意識した看護(個々の健康状態の維持、集団感染予防)4生活の延長線上にある自然な看取り が看護師の役割となっているようです。介護の現場で看護師は介護と看護両方をしなくてはならず、とても大変ですが、介護の世界で看護師の果たす役割は大きく、ニーズが高いのも特徴です。

その他の記事一覧

SITE NAVI
CATEGORY

Copyright (C)2017医療分野で働くための基礎知識 看護師・薬剤師・作業療法士など様々な仕事をご紹介.All rights reserved.