医療分野で働くための基礎知識 看護師・薬剤師・作業療法士など様々な仕事をご紹介

Pickup contents

薬剤師の仕事

このエントリーをはてなブックマークに追加
一口に薬剤師と言っても、勤務場所によって業務内容も違い、多肢に渡ります。

調剤薬局

調剤専門薬局では医師から出された処方箋を受付し、患者さんの薬歴やアレルギー歴などを確認しながら、処方箋に問題がないかをチェックします。問題がないようだったら、薬を調剤し、患者さんにお渡しします。お渡しする際には、薬の効果・効能、副作用の有無や服用の注意点などを分かりやすく説明します。この時、患者さんと病状を確認しながら、しっかりと信頼関係を築くためにコミュニケーションをとることが重要です。患者さんが自発的に薬を飲もうとするように促すことが大切です。調剤薬局は患者さんの信頼関係を築き、「かかりつけ薬局」として薬のアドバイスを行う面もありますので、コミュニケーション能力が求められる職場でもあります。

病院薬剤師

病院薬剤師の仕事は医薬分業が医療業界全体で進められ、それまでの調剤業務中心の内容から入院患者さんのケア中心の業務に変わりました。入院患者さんに服薬指導をしたり、一番適した薬の種類、量などの薬物治療の方針を医師と検討するなど、チーム医療の一因としての役割が薬剤師に求められるようになってきています。病院勤務の場合、医薬品の調剤以外にも、製剤や医薬品管理、医薬品情報管理、薬剤管理指導などの業務があります。また、注射薬の製剤も大切な業務となります。
医薬分業と病院の経営合理化が急速に進んでいる為、医療機関では薬剤師を定期的に採用せず、欠員が出た場合にのみ募集を行なうケースが多いようです。その為、病院薬剤師の求人はそれほど多くありませんが、やりがいのある仕事でもありますので求人情報をマメにチェックすることが必要です。

その他の記事一覧

SITE NAVI
CATEGORY

Copyright (C)2017医療分野で働くための基礎知識 看護師・薬剤師・作業療法士など様々な仕事をご紹介.All rights reserved.