医療分野で働くための基礎知識 看護師・薬剤師・作業療法士など様々な仕事をご紹介

Pickup contents

6年制新卒薬剤師

このエントリーをはてなブックマークに追加
薬学部は2006(平成18)年から薬剤師国家試験の受験資格の改定に伴い、これまでの4年制から6年制に移行しました。かつての薬学教育は欧米からの医薬品の供給停止を懸念して、医薬産業に適した人材育成を目的としていました。つまり、製薬中心の教育だったのです。ですから、薬学部を卒業すると半分近くの卒業生が製薬会社へと就職していきました。しかし、近年では医療分業が進み、薬学部を卒業した学生達の就職先は製薬会社ではなく、医療機関へと変わっていきました。しかし、薬の種類が数え切れないくらい多くなったこと、薬の飲み合わせ・使用方法の複雑化など様々な問題が生じてきました。これは医療事故を招く危険性が高まったとも言えます。そこで薬剤師には「医師が作成した薬物治療計画に従い、患者さんが安心して治療に専念できるようにする」こと、「薬物治療が適切であるかを患者さんのQOL(生活の質)の側面から評価し、結果を患者さんと医師に伝える」という役割が与えられるようになりました。
これによって、医療の安全における薬剤師の役割と責任はますます大きくなったのです。そのため、医療に関するすべてに責任を持つこと=ファーマシュティカルケアを実践するには今までの4年制では教育期間が足りないため、6年制となったのです。
大学薬学部の6年制移行後、初の卒業生が生まれた2012年は3年ぶりの薬学部卒業生の就職は「超売り手市場」となりました。2010、2011年春は新卒の薬剤師がほとんど出なかった空白の時代を抜け出し、薬学部生は引く手あまたとなっています。

その他の記事一覧

SITE NAVI
CATEGORY

Copyright (C)2017医療分野で働くための基礎知識 看護師・薬剤師・作業療法士など様々な仕事をご紹介.All rights reserved.